高天原

筆者が筑波山の麓に立ったのは、山には厳かに雲がかかり、田に水が満たされる、まさにそんな時季だった。

筑波山には筑波山神社があり、イザナギ・イザナミを祀っている。ここが日本の国生みと密接に結びついた土地であることを物語っているように感じられる。

太平洋に面した関東地方北部、筑波山のある茨城県一帯を、かつては常陸(ひたち)国と呼んだ。

各地の言い伝え等をまとめた「常陸国風土記」によると、今でいう知事にあたる国造として遣わされた那良珠命(ひならすのみこと)が井戸を掘らせると清く澄んだ水が湧き、その水を愛でた折に袖が浸り、泉に滴ったという故事が挙げられている。

そして「筑波岳に黒雲かかり、衣袖漬(ころもひでたち)の国というはこれなり。」と記されている。常陸(ひたち)の国名由来を示すエピソードの一つだ。

新井白石はアマテラス(日神)が立つ、すなわち日立が由来である、とした。

白石はそこから、古事記など記紀にある「高天原」は常陸国にあった、と主張する。「高天原」とは日本神話にある、天津神の居ましたもう天上の場所のことだ。

日本神話が、歴史を抽象化したものであるとの理解の基に考えると、日本国が建国される以前の国家が「高天原」なのではないか、という話になる。

神道の祭祀における大祓詞(おおはらえのことば)では国史が語られているが、高天原により「大倭日高見国」が統治の中心に据えられたことが述べられている。

日本建国と創建を一にする鹿島神宮は、かつての統治の中心が鹿島にあったことを示している、と以前に考察した。「日高見国」とは鹿島を中心とした古代の日本国の姿である、というのが筆者の考えである。

その日高見国を作ったのが「高天原」なのである。

実は、現在の鹿嶋市に「高天原」が実在する。

鹿島灘に面した「東一之鳥居」から現在の鹿島神宮を結ぶ線上に「鹿嶋市高天原」という地名がある。

ちなみに、その線をさらに延長すると「西一之鳥居」となり、さらにその先には香取神宮がある。また、わずかに北東寄りのその直線は、どうも夏至の黄道に一致するようだ。

そうした地理的条件を鑑みれば、「鹿嶋市高天原」とはもともと鹿島神宮の祭祀に深く関係した土地であり、日高見国にとっての故地にちなんだ呼称なのだろうと筆者は推測する。

筆者がこれから、筑波山を出発して目指すのは、その鹿嶋市高天原である。

イザナギ・イザナミを祀る筑波岳はもしかしたらいにしえの高天原であり、ここから鹿島への道程は、かつて神々の歩んだ道であるのかもしれない。

衣を水に漬す心から常陸とはよく言ったもので……筆者が筑波山神社の鳥居から出発すると、突然に大粒の雨が降り始めた。

山岳路をひた走り、分岐点から鹿島方面へ、さらに狭く急峻な峠を下り始めた。風雨と共に樹木から滴る水滴が車の屋根を叩く。

時折、対向車とギリギリの離合を行う。少しウインドウを開けると相手方とすれ違いざま焼けたクラッチのにおいがした。

峠を下りきると、果樹園の広がるなだらかな台地に出た。そこを抜けると田畑と集落が交互に現れる。

雨が弱まり穏やかになった車窓には、田植えの終わった水田がうつり、また古い板塀の多い街並みを抜けた。

常陸国風土記には、〝広い土地に海山の産物も多く、人々は豊かに暮らし、まるで常世の国のようだ〟と記述されている。

まるで豊かな森に被われた神域にあるかのような錯覚を覚えながら常陸路を進んだ。

やがて地形はすっかり平坦となるが、さらに東へ東へと進む。

廃線の終着駅跡の横を過ぎ、鄙びた街をいくつか抜けると、ついに海岸線近くまで到達し、鹿島灘に沿った国道をしばらく南下する。風雨がまた烈しくなってきた。

夕暮れまではまだ時間があるはずだが、対向車は皆ヘッドライトを点けていた。海は煙って見えなかった。

バイパスと旧道との交錯する交差点を東に向けると、ようやく鹿島神宮「東一之鳥居」に到着したのである。

鳥居は「西一之鳥居」と比べるとかなり小振りではあったが、白波の厳しく打ちつける鹿島灘と風雨の中、きっかりと太陽に向かって屹立していた。

雨が塩辛い。

筆者が鹿島灘から踵を返すと、鹿嶋灯台が明滅しているのが見えた。その灯台のある台地上に「高天原」があるはずだ。

日本建国にあたりタケミカズチが差配され鹿島へ日高見国の中枢を築く以前に、古代国家の中心である「高天原」があった。

鹿島神宮の祭神でもあるタケミカズチは、鹿島灘を見下ろす高天原と名付けられたこの丘から国を睥睨したのだと伝わる。

鹿島灘から、海岸段丘を登る路を辿っていくとすぐに「鹿嶋市高天原」に出た。終戦あたりまでは河川のある森であったらしいのだか、現在は社宅や戸建て住宅の建て込んだ何の変哲も無い風景が広がっていた。

高天原地区の隅の丘に、朱の案内看板が「高天原」の由来を示しているばかりだ。

筆者は道路脇のその看板から、さらに丘の方向へ行ってみようと草叢に入りかけたが、一度弱まった雨が再び烈しくなり諦めた。

今は住宅の陰になり見えぬ鹿島灘の潮騒を聞きながら、タケミカズチの立った(であろう)この地でただただ、神話の「高天原」から鹿島の「高天原」への道程を偲ぶばかりだった。

初夏ではあるが風雨の中、外を歩き回ったので寒い。

上着もすっかり濡れそぼって袖からも水が滴っている。

筆者は、ヒーターのスイッチを最強に入れた。

カテゴリー: 箏のルーツを探る | 高天原 はコメントを受け付けていません。

渡来人の痕跡(芝山の丘編)

大型旅客機が頭上を舐めるように通過していく。

芝山遺跡は成田空港にアプローチする航空機の、進入経路の真下に位置している。

世界で最も過密な空港の一つである成田は、世界中から飛来してきた旅客機を、今日も次々に迎い入れていた。

芝山町営の博物館に隣接した公園の丘には、レプリカの埴輪群が並んでいて、筆者は旅客機のエンジン音を背景に、それらの埴輪に見入っていたのである。

ここまで来る道すがら、車を走らせていると街角に埴輪のモニュメントが立っていてギョッとさせられた。

芝山町内の道のあらゆるところに埴輪が立たされている……愉快な街のギミックではあるが、初めてであると驚愕してハンドルを誤りそうになる。

そうして丘陵を縫って登っていくと、〝彼ら〟の本拠地が現れた。

特徴的な帽子や美豆良(もみあげ)、こうした習俗は埴輪だけに観られる特徴である。

この芝山に出土する埴輪群は、今の千葉県内にある窯で製造されたものなのだという。二カ所あった窯元から関東を中心とした広域へ運ばれて、その各地の古墳から出土しているのである。

筆者の故郷である群馬県においても大量の埴輪が出ているが、その意匠は芝山のそれとほぼ同じに思われる。

この埴輪に模されている人びとは、各地を朝廷に任ぜられて治める豪族に仕えていた一族である。

埴輪の造られた5世紀の頃は、大和朝廷が大量の渡来人を受け入れて帰化させていた時期に重なる。こうした渡来人たちは携えてきた技術や知識をもって朝廷に仕えた。

埴輪の三角の帽子、美豆良。その特徴的な習俗は、東北大学名誉教授で美学者の田中英道氏はユダヤ教徒の特徴との相関性を指摘している。

イスラエルを追い出された古代ユダヤ人は、東西へ散り散りになるが、その末裔は日本へと辿り着いたのではないか。その証拠が、埴輪の意匠だと言うわけである。

遺伝子にあるY染色体は父から息子へと男性に受け継がれるものだが、日本人のY染色体の40%にはYAPと呼ばれる特徴的な遺伝子配列が観られるのだという。

素人なので伝聞話を詳述できないが、このYAPという遺伝子配列の特徴が、古代ユダヤ人の人々の末裔に観られるのだと。

博物館をひとまわりして、あらためて丘の〝埴輪たち〟を眺めると、背景を飛ぶ外国からの旅客機と相まって、異国情緒のような感慨が襲いかかってきた。

埴輪は、3世紀後半から6世紀後半にかけて盛んに作られた。

その中には「琴」を弾く埴輪ももちろんあった。

そして、日本の土木技術の粋である前方後円墳の出現とともに、埴輪はパッタリと造られなくなる。

いわゆる律令国家である日本の成立する前には、渡来したユダヤ人文化を形象していたかもしれない、あの豊かに表現された埴輪の習俗は跡形もなく消え去るのである。

京都・太秦の旅で触れたが、公式にユダヤ人国家であった弓月国の末裔と記録されている秦氏は、平安京造営など朝廷のもと重要な役割を果たしているが、その伝えられる習俗は既に日本人のそれ、であった。

渡来帰化人は、対岸のユーラシア大陸各地から到来しているが、秦氏の系統は間違いなく数も多く主流である。

埴輪は、その秦氏の先祖の一族が日本各地に赴いていたことを示しているのではないのだろうか。

異国の習俗を湛える埴輪とともに芝山の丘に立っていると、また一機、頭上にエンジン音をとどろかせながら異国のマーキングを施された旅客機が、すぐ隣町の滑走路へ向かって消えてしていった。

カテゴリー: 箏のルーツを探る | 渡来人の痕跡(芝山の丘編) はコメントを受け付けていません。

大地、ものがたり(登呂後編)

「世界最古の弦楽器か 3000年前、青森の遺跡から」
日本経済新聞 2012年4月28日

「琴」が日本列島において出現するのは3000年前、縄文後期である。弘前学院大学の鈴木克彦氏によれば、是川中居遺跡から出土した紀元前1000年ごろ琴が、現存する世界最古の弦楽器であるのだという。

上写真の引用元である日本経済新聞の記事によると以下のような概要である。

「鈴木講師は、弥生時代の登呂遺跡(静岡市)などから出土した 原始的な琴と似ていることから「縄文琴」と命名し「日本の琴 の原型ではないか」と話している。木製品は長さ約55センチ、幅約5センチ、厚さ約1センチの細長いへら型。上部に四角い突起、下部に直径約1ミリの穴や刻みがあるのが特徴。杉かヒバのような材質でできている。(中略)毛髪や麻などを素材とする弦を数本、穴に通して張り、指や木の枝ではじいて演奏した(中略)世界最古の弦楽器は、中国湖北省随県で出土した紀元前433年ごろのものとされている。この木製品が弦楽器なら、それより500年余りさかのぼることになる。」

鈴木氏はこの考古学上の発見に、弦楽器の日本起源説を提唱する。

ところで、1万6千年前から始まったとされる縄文時代には、今のように国境という概念はなかった。

アメリカ大陸においても土偶や縄文式土器の出土例がある。北米の原住民族と日本人のDNAレベルでの類似性の指摘もなされている。ユーラシア大陸を含めた環太平洋地域に、縄文人は広く行動していたと考えられるのである。

中近東アジアにおいても、弦楽器を使用したとされる歴史は古い。

つまり人類は、「縄文琴」以前から弦楽器を使用する歴史を共有していたのではないのか、と筆者には思われるのである。

DNA研究は人類の起源をアフリカである、と結論した。しかし、弦楽器の起源は特定が困難である。最古である是川中居遺跡を持って起源、とするのはいささか早計である。

重要なことは、日本の縄文後期には、世界各地で弦楽器が使用されていたことが推測出来うる、という視点だと思う。

日本で、あれだけ精緻に造り込まれた琴があり、また縄文人の行動範囲を考慮すれば、地球規模で琴を用いた文化があの頃、既に出現していた蓋然性が高いであろう。

縄文期に出現した弦楽器は、農耕技術の普及により各地域に土着して発展を遂げる。50センチメートル程の小さな持ち運び至便な楽器は、次第に大型化したものが作られるようになる。一枚の板であった構造は槽、つまり共鳴箱を有するようになる。

登呂では、縄文琴のような一枚板の琴と、槽作りの琴とが出土している。

岩宿遺跡の石器群に見られる文明の系譜にはその後、様々の文化が生じたり合流することを重ねた。

二千年前の日本のちょうど真ん中に位置する登呂において縄文と弥生とが混在する様は、東日本に日高見国があり人口の多くが存在していたところに、渡来人系日本人が西日本からその勢力を増しつつあった、その頃の日本の政治的様相を反映していると考えられるだろう。

日本には少なくとも三千年前「縄文琴」があり、二千年ほど前には既に、渡来人と共に稲作および「弥生琴」も出現し日本の弦楽器、琴文化は、創建された日本の国と共に重層的に発展していくのである。

その後、日本の「琴」は再び大きな変化を迎える時代がやってくる。それは、日本から遠く離れた地において固有の文化を発展させた新たな民族の渡来によるものである。まだ〝箏のルーツを探る旅〟は続く。

エントランスで傘を取り、登呂博物館を後にすると雨はかなり小雨になっている。登呂のムラは、日本の歴史の豊穣さを表現するように、豊かに張った水面に明るんだ西の空を映し出していた。

夜には晴天に。

高嶺の雪を月明かりに浮かび上がらせた富士がしばらくの間、太古から変わらぬ眼差しで、東へひた走る筆者の帰路を見守っていた。

カテゴリー: 箏のルーツを探る | 大地、ものがたり(登呂後編) はコメントを受け付けていません。