月別アーカイブ: 2020年8月

渡来人の痕跡(多胡碑編)

群馬県の交通の要衝・商都である高崎。街の西方の観音山丘陵に白衣観音像が屹立し市街地を睥睨する。 その丘陵を超えて、さらに鏑川の橋を渡ると旧・吉井町(現・高崎市)に出る。 ところで、群馬県は一万二千基の古墳が造られたことか … 続きを読む

カテゴリー: 箏のルーツを探る | 渡来人の痕跡(多胡碑編) はコメントを受け付けていません