終章…上毛野

秋を感じさせる風が、草を撫でながら吹き抜けていく。

田園と住居に囲まれた平野の中で、一段と高くなった高崎市・綿貫観音山古墳の、方墳と円墳とを繋ぐ鞍部に腰掛けていると、北に赤城山、西に妙義山、その間に榛名山のカルデラを囲む山々の連なりが遠くに望める。

日本以外での巨大な墳墓として知られるピラミッドは東西南北にきっちり合わせて築造されているらしいが、大和の古墳は方位とは関係ないように思われる。

しかし、なんとなく感じるのは、衛星写真など空から周りの景色と共に俯瞰すると、この観音山古墳の場合はすぐ近くの井野川、少し離れた利根川や烏川の流れの方向と同じ指向性をもっているのではないか、ということだ。

かつての河川は人や物の交流を司る動脈である。

大和としての統一国家を形成していった、当時の人々の意識の流れが、古墳の有り様に反映されているのではないかと筆者には思われる。

風に乗るようにして、無数のトンボが飛び交っている。

かつて近隣の街に住んでいた筆者は、この観音山古墳はたまの遊び場でもあった。既に発掘調査や整備なされた後において、子ども時代の風景の中に古墳は溶け込んでいた。

発掘調査まで盗掘を免れていたこの古墳の石室には、埋葬された主が横たわり、膨大な副葬品が収められていた。

そして外側は沢山の埴輪が設置されていて千五百年の時を護り続けていたのである。

最近、これらの出土品は国宝に指定された。

筆者は、この古墳を訪れる前、すぐ近くにある県立歴史博物館に立ち寄り、それらの国宝群を目の当たりにしてきた。

馬具や装飾品類は大陸由来のものが数多く、朝鮮半島諸国から大和朝廷への朝貢(朝貢とは現代でいう交易と等しい)の品であると伺え、すなわち大和朝廷と当地との強力な関係性を感じさせる。

ところで、埴輪群を眺めていて、やはりというか、当然ながらというか、千葉県の芝山遺跡の埴輪との同一性が思われた。

埴輪とは、この時代のある意味で奇異なトレンドである。

いわば、異民族性が大和へと融合してゆく過程の一刻を写し取ったのが、埴輪の形象するものなのだと思う。

多胡碑の「羊」なる人物名の刻まれた石碑と同じく、大陸からの渡来民族の痕跡と言えるのが埴輪である。

彼らは、男性のお下げ髪であるミズラの示すように、故知を追い出されディアスポラとなって日本へ到達した古代ユダヤ民族の支族であるのかもしれない。

古墳の存在は大和朝廷の勢力圏の拡大地域を意味するものであるらしいが、この大和朝廷にディアスポラ達は深く関与、帰化し大和民族へ融合していったのである。

そういえば、若い頃の京都の太秦の旅においても、ディアスポラ、とりわけユダヤ人由来と思われる痕跡を垣間見た。

さて、県立歴史博物館においては、もう一つ、思いがけず目を釘付けにしたものがあった。

縄文式土器である。

優美で力強く、極めて技巧的な土器の存在は、八千年前にはこの地に栄華を誇る文明があった、ということを示している。

古墳を築造した国力の源には、営々と続く文明があり、そこへ大和朝廷の麾下である渡来民族の知識や技術が合流した歴史的経緯を思わせるのである。

古代高句麗の民の渡来した高麗郡も、大規模な縄文集落の遺跡が存在していて、それは元来当地に古代の地域国家が存在していたことを示している。

登呂遺跡の旅では、縄文から弥生への過渡的な国家の在り様を垣間見せられた。

岩宿の旧石器時代の遺跡の示すように三万年前から縄文、弥生、そして大和朝廷へと、日本における文明の連続性が見られる。

日本人とは、その文明を背骨として、折々に渡来民族を融合しながら現代へと続いているのである。

かつて高天原でタケミカズチの睥睨した日本は、融合し新生する、現代へと続く日本そのものだった。

さて、いよいよ旅も終わりに近づいた。

この旅の目的は、筆者の携わる民族音楽である箏のルーツを探るものであった。

県立歴史博物館の埴輪の展示にある「三人童女」、これは絃楽器を弾く様子を形象していると言われる。

群馬県では前橋市の朝倉遺跡からも「琴を弾く少年」の埴輪が出土している。

日本へ到達したディアスポラ、渡来人達も当たり前だが楽器を持ってきていた。

登呂遺跡の琴のように、それ以前から日本には絃楽器が存在した。

楽器同士、古来のものへ渡来のものが融合していった、ということだろう。

箏のルーツとは、日本人のルーツである。

日本の文明を背骨に、日本人へ渡来の人々が融合していったように楽器も融合した。

日本の楽器、箏とは、日本人そのものなのである。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク