月別アーカイブ: 2020年2月

オリエント、太陽へ向かって(太秦後編)

木嶋神社は正式には「木島坐天照御魂神社」と言う。境内に摂社として養蚕神社があり、そのため通称「蚕の社」と呼ばれる。かつて養蚕・機織・染織技術の中心地に座し、今でも製糸業者の信仰が残るのだという。 そして、渡来人である秦氏 … 続きを読む

カテゴリー: 箏のルーツを探る | オリエント、太陽へ向かって(太秦後編) はコメントを受け付けていません。

オリエント、太陽へ向かって(太秦前編)

平安京・大内裏の位置は、もともと現在の京都御所よりも西方にあった。 現在の京都御所の西方にある二条城が面するのは京都市街地を南北に貫く堀川通であるが、そのさらに西、今の千本通が丸太町通と交わるあたりに大内裏があった。 か … 続きを読む

カテゴリー: 箏のルーツを探る | オリエント、太陽へ向かって(太秦前編) はコメントを受け付けていません。

オリエント、太陽へ向かって(ディアスポラの音楽編)

『L’Esprit de Dieu et les Prophetes』というCDアルバムが手もとにある。 神と預言者の精神、という意味のようだがアルバムに付されたブックレットには翻訳者により「神の声、予言者の歌」ヘブライ … 続きを読む

カテゴリー: 箏のルーツを探る | オリエント、太陽へ向かって(ディアスポラの音楽編) はコメントを受け付けていません。