投稿者「秀龍」のアーカイブ

終章…上毛野

田園と住居に囲まれた平野の中で、一段と高くなった高崎市・綿貫観音山古墳の、方墳と円墳とを繋ぐ鞍部に腰掛けていると、北に赤城山、西に妙義山、その間に榛名山のカルデラを囲む山々の連なりが遠くに望める。 日本以外での巨大な墳墓 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 終章…上毛野 はコメントを受け付けていません

渡来人の痕跡(多胡碑編)

群馬県の交通の要衝・商都である高崎。街の西方の観音山丘陵に白衣観音像が屹立し市街地を睥睨する。 その丘陵を超えて、さらに鏑川の橋を渡ると旧・吉井町(現・高崎市)に出る。 ところで、群馬県は一万二千基の古墳が造られたことか … 続きを読む

カテゴリー: 箏のルーツを探る | 渡来人の痕跡(多胡碑編) はコメントを受け付けていません

高天原

筆者が筑波山の麓に立ったのは、山には厳かに雲がかかり、田に水が満たされる、まさにそんな時だった。 筑波山には筑波山神社があり、イザナギ・イザナミを祀っている。ここが日本の国生みと密接に結びついた土地であることを物語ってい … 続きを読む

カテゴリー: 箏のルーツを探る | 高天原 はコメントを受け付けていません