大地、ものがたり(登呂中編)

槽作りの琴

登呂博物館において重要文化財「槽作りの琴」に出会った筆者は、展示棚の下段にあるその重文を食い入るように見つめていた、と思う。

そうした筆者の行動は、観覧者も少なく手持ち無沙汰にしていた解説員の注意を引いたようで、彼は筆者に近寄ると、琴よりも上段に展示してある鹿の骨について説明し始めた。

なんでも、骨を焼いて入ったひび割れで登呂の人が占いを行ったのだということで、中々に興味深い話ではあったが、たまたまその時の筆者にとっては全く場違いな話ではあったので、しばらく辛抱して耳を傾けた。

一般的には琴よりも占いの方がウリなのであろう。

それでも、占いに用いる「鹿」が神聖な存在であったという解説は収穫であった。鹿島神宮を取り上げるまでもなく、鹿を神獣とする文化が登呂に既に見られた、という事実を知ることが出来た。

…さて、いよいよ筆者は本題を切り出した。

「槽作りの琴」の槽とは、ハコのことであるそうだ。そもそも琴は板状のものが出土していて、それよりも後の時代になってハコを付けたものが出土している。登呂では、その両方が見られるのだという。

再現された「槽」

ハコを付けた方が音は共鳴して大きくなる。楽器としては技術的に進歩しているというわけだ。

板に付いている黒色のものについても説明があった。その正体は漆であり、楽器を保護する為に塗ったのだという。想像を交えて、なのだろうが再現したモデルが資料室に展示してあった。

漆塗りの琴は、ムラの風景の中でさぞ、鮮やかに映えたことであろう。

登呂は二千年前、弥生後期の集落であるが、周辺には縄文時代の遺跡も多い。つまり、縄文文明に折り重なるように弥生の文化はこの地に花開いたのである。

同じ登呂から出土した「壺型土器」の優美な姿を見ても、弥生時代の人々は、現代人とも引けを取らない審美眼を備えていたことが明らかだ。

きっと琴も、今の神事に伝わるように祭祀にも用いられたのだろうが、風物や喜怒哀楽を込めた演奏に、楽しみのために弾かれていたに違いない、そう筆者には思えたのだった。

もう一つ、かねてよりの疑問を説明員の人に投げかけてみた。

昔、歴史の学習漫画で、稲作の伝わる様子が描かれていて、一人の少年が米作りをするムラに派遣されて技術と種籾を自分のムラに持ち帰る、という描写があった。

果たして、稲作は「外人(異文化)」に教わった人が伝えたものなのか?

明快に回答していただいた。いや、渡来人が持ってきたものですよ、と。

これには我が意を得たり、と筆者は思った。

日本民族は混血民族である。この地に到来した人々は争うことなく融合し、それぞれの文化は重層的に日本文明を形成するのである。

稲作の技術をもった祖先は、縄文人の祖先と融合して、日本の稲作として定着していった。

琴も…「板作りの琴」から「槽作りの琴」へと、縄文日本人の琴と、弥生日本人の琴とが融合していったのである。

壺型土器(登呂遺跡)
カテゴリー: 箏のルーツを探る パーマリンク