大地、ものがたり(岩宿後編)

岩宿遺跡は1949年、相沢忠洋氏が、たまたま通りかかった切り通しから露出していた石器を発見したことに始まる。

その地層は少なくとも一万五千年以上前の関東ローム層であった。

その後の学術調査により、三万五千年前、二万五千年前の地層からも石器が出土する。いずれも土器を伴わず、縄文時代よりも前から、人々の営みがこの地にあったことは疑いの余地が無い。

岩宿Ⅰ石器文化(三万五千年前)明治大学博物館
岩宿Ⅱ石器文化(二万五千年前)明治大学博物館

さて、石器であるが、人類が砕かれている石を道具として使うことは三百万年以上前から行われてきたと言われる。しかし、道具として石器を砂などで磨いて整えた磨製石器が用いられるのは3〜4万年前からのことである。

また、磨製石器をもって「文明」の発祥とする見方もある。

相沢忠洋氏の発見した槍先形尖頭器は、その形状から宮大工の使う槍カンナに通じている、との指摘もされる。

槍先形尖頭器(相沢忠洋記念館)

この日本列島では3〜4万年前から文明が育まれ、断絶することなく現代まで積み重ねられてきているのだ、と筆者には感じられる。

はるか過去から現代へ続く日本人の営みを、岩宿の丘陵はものがたっている。

落ち葉や枯れ枝を踏みしめながら丘を登る。

関東ローム層の露わになった大地は、また草木に覆われて、生命や人々の行く末を静かに見守っているようだ。

この〝岩宿時代〟から数万年文明を育んだ我々の祖先は、縄文の黄金期を迎えていく。

土器ばかりでなく石器の力で舟も作られ、縄文人はユーラシア大陸ばかりでなく南洋の島々、そして南北アメリカ大陸にまで足を延ばしていたことが近年の考古学調査により明らかになっている。

そうした祖先の営みは日本人の文化を豊かに実らせていくと共に、遠方で同じように育まれた人々と豊かな交流を発展させる時代を迎えるのである。

そして、筆者の追い求める〝絃楽器〟との出会いがやってくる……。

午後遅くなり、強まった赤城颪が丘陵を吹き抜けていく。

岩宿時代には気候も海岸の位置も違っていたとは思うが、赤城の山は現代ともそう違わぬ偉容であったことだろう。

長く裾野を引き、深く浅く刻み込まれた赤城の面影は、黙しているようで雄弁に人々の来し方を語り、包み込むように護り続けているのである。

岩宿ドーム(岩宿遺跡の遺構を保存する)
カテゴリー: 箏のルーツを探る パーマリンク